今日は自分がPTA会長を務める小学校にて、卒業式でした

子どもたち全員が舞台の上で卒業の言葉を元気に発表したり、旅立ちの日を歌ったり

これまでたくさん練習を重ねてきたことを感じさせられる感動する式でした

一方で自分が教員を務めていた時や自分が子供の時に卒業する時と

ほとんど同じ構成で卒業式が行われていることに

多少の違和感やざわざわする気持ちを感じたのも事実です

何よりも心に引っかかったのは

子供たちの名前を一人一人呼ぶ卒業証書授与

名前を呼ばれても返事のない、この場にいない子が数人いたこと

今日たまたま欠席した子もいたかもしれませんが

今日に至るまでに様々な事情で学校に通えなくなった子がいたこともあったと思います。

だからこそこのフォレストには

全ての子どもたちが社会や友達と繋がり

明日に向けてikigaiにつながるきっかけの場所として

これからも大切に温めていきたいと決意を新たにしました

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です