マインクラフトで
楽しくつながる

マイクラ好きな不登校生のための

オンラインフリースクール

novaskin-wallpaper-onaboat

フォレストってどんなところ?

不登校の子たちが日本中の仲間とオンラインでつながるマイクラ上のフリースクール。「理想のテーマパークをつくろう!」「住んでみたい家選手権」など、興味のあるプロジェクトに参加しながら同じ時間を過ごす場所

(対象:小学生、中学生)

※フリースクールとは、不登校の子どもに対し、学習活動、教育相談、体験活動などの活動を行っている民間の施設のこと

フォレストの今

マインクラフトでできること

novaskin-wallpaper-rollercoaster2
どきどき遊び
自分たちが作り上げた建物を使って、遊ぶ時間は格別です。みんなと一緒に遊べること、その中で生まれるコミュニケーションは心をあたたかくしてくれます。
novaskin-wallpaper-swords (1)
わくわく冒険
ときには冒険にでることも。未知との遭遇に備えて入念な準備を重ねます。一緒に向かう道中もわくわくがいっぱい。
novaskin-wallpaper-room
もくもく建築
もちろん、一人でもくもくと建築することもOK。新しい建築物ができるたびに自然と見学ツアーがはじまります。同じワールドにいることでまわりとのつながりを感じられます。

参考:東洋経済education×ICT【子どもがやる気になるマイクラ教育のススメ】

フォレストで育みたい3つの力

マイクラの世界でみんなで夢中になって遊ぶ
その過程で生きる上で大切な3つの力を育みます

コミュニケーション力

チャットや音声など、自分にあった方法でやりとりOK。マイクラ上で週に一回行うコミュニケーションゲームや普段のやりとりを通して、相手への伝え方や受け止め方について一緒に考えることでコミュニケーション力を育みます。

創造力

”やってみたい、つくってみたい”を大切にします。「将来どんな家に住んでみたい?」「小学生が楽しめるテーマパークってどんな場所?」そんな問いに答える形でどんどん創造性が磨かれます。

自分を信じる力

Forestでは普段の関わりを通して「ありがとう」を伝え合うことを大切にしています。まわりとのやりとりが苦手なお子さんもメンターとの1対1の時間を通して、自分を受け止め、信じる力を育みます。

~代表の想い~

勉強ができるとかできないとか

スポーツが得意だとか不得意だとか

そういう目に見えるわかりやすいことばかりが評価される社会

 

そんな社会に生きづらさを感じている子どもたちがいます

 

ぼくはその感覚、間違っていないと思っています

 

できる、できないで人の価値は決まりません

すべての人が等しく尊い命であり

何かに夢中になったり、夢に向かって生きていいはずです

 

世の中のベースに、こうした考え方が広がれば、

もっと豊かに生きやすい社会に変わっていくはずです

 

まずは社会のしわ寄せを一番に感じている目の前の子どもたちに、

「ありのままでいい」

「ここにいていいんだ」

と感じられるオンラインの居場所をつくりたい

そんな思いで不登校の子たちと一緒にフォレストを立ち上げました

 

一日のスケジュール

活動時間:月曜日、水曜日、金曜日の9:00~12:00まで

利用者の声

フォレストに参加する前は自分の居場所がなく、学校へ行けないことで自分を責めている様子でした。 フォレストに参加してどんな自分でもありのままでいられるという安心感からか、自分に居場所ができたという自信が出て、周りの人たちにも自分がフォレストに参加して楽しんでることを話せるようになりました。今では週に数時間学校へ行くなど、自分のことを自分で決めて動けるようになってきました。
フォレストという居場所が息子の安全基地となったことで、少しずつ自信を取り戻して行く息子を誇らしく思っています。親にとっても安心安全なところと思える場所なので息子の主体性を大事にできていると感じています。
小学6年生 保護者
兄弟二人でフォレストに参加しています。長男は中学1年生の7月から、次男は小学5年生の9月から不登校になりました。フォレストができる前は絶望の淵にいるような感じでした。 フォレストに通うようになって、二人ともとても明るくなったと思います。週3回の午前中、自分が行ける日時を選んで、Discordをつなぐのをとても楽しみにしています。フォレストの時間が来ると、自分たちでiPadやテレビを映し出すためのテーブルを準備して待っています。 フォレストは学校と違って、すべてが自己選択ができ、人とできないことを比較されることも、評価されることもないのがいいのだと思います。また遠く離れたフォレストの友達と関わりを持つことができ、さらにおこめさんが優しく見守り、寄り添ってくれるので、安心して過ごせているようです。ここで活力をもらい、子どもたち同士がお互いにいい刺激となることで、登校できる日も増えました。 住んでいる地域が田舎なのもあり、フリースクールが全くないので、不登校になると基本、自宅にいるしかありません。市内にはスクールサポートセンターがあるのですが、二人はそこに行きたがらないので、ほとんど自宅で過ごしています。 オンラインだと、住む場所に関係なく、ネット環境とICT機器があれば、どんな場所にいても誰かとつながることができ、自分だけが不登校ではないという安心感が、本人も親自身も思えるので、とても気持ちが楽になります。 オンラインフリースクールフォレストは、不登校の子どもたちが、自己否定せずに、安心して居られる場所であり、本人が学びたいと思うときにお願いすれば学べる環境を作ってもらえるので、本当にありがたい居場所です。親同士も、対話会でお話しできるのも魅力的です。
中学2年生、高校1年生 保護者

ご利用までの簡単4ステップ

1、無料体験の申込み

2、個別対応

3、1ヶ月の体験利用

4、正規利用開始

Q&A

フォレストでは任天堂Switchとスマホやタブレットに入れたDiscordというアプリでやりとりをします。パソコンがなくても動作するアプリなので大丈夫です。

・スマホ、タブレット、PCなどの通信機器

・音声通話をする場合のマイク付きイヤホン

・快適な通信ができるネット環境

が必要となります

登録をしても必ず来ないといけないわけではありません。行きたくない日も尊重します。また月謝についても参加した分だけいただく形になっているので、休んだことで月謝の面で損をするということもありません。

月、水、金の活動の最後の30分を「すらら」を活用した学習の時間にあてています。すららは無学年方式を採用していて、それぞれがつまづいたところまでさかのぼって学習していくことが可能です。

必ずしもまわりと仲良くなる必要はないと考えています。一人でいたい子は一人での活動を尊重します。参加したいと思ったプロジェクトだけ関わるのでOKです。そうやって興味をもとに関わりをもつことで自然に仲良くなっていくことを大事にしています。

もちろん、受け入れしています。一人ひとりの特性にあわせた関わりを大事にしています。まわりとのコミュニケーションについても、その子にあった方法を一緒に考えていきます。

希望する場合、出席認定を取るためのサポートをさせていただいています。「すらら」アプリでの学習を進めていくことになります。学校によっては、出席扱いについて判断を保留されるケースもあります。

保護者どうしがつながれる場も用意しています。テキストでやりとりすることだけでなく、定期的に保護者の交流会を開催しています。また、子どもへの声掛けや接し方などに困った際の相談も受け付けています。

対象は小中学生ですが、高校生の受け入れもしています。

チャットや音声通話ができるアプリです。スマホやタブレット、パソコンで利用可能です。お子様と保護者様それぞれにアカウントを用意してもらって利用いただきます。

料金

入学金

19,800円

1ヶ月以内の退会の場合、全額返金保障

利用料

1,000円~

毎月利用した分だけの請求なので、払ったから通わないといけない、という負担感はありません。

(1時間1,000円、上限25,000円+税)